最近情報

ここでは、 イモの成長日記をお伝えしています。

平成26年 3月19日

 

ウワジマテンナンンショウが開花。

他にも、いろいろなテンナンショウが発芽中。

平成24年 4月14日

 

 

ムサシアブミが開花。他のテンナンショウも順調に成長中。

 

平成24年 4月14日

 

 

ヒトツバテンナンショウ開花。キレイな黒い帯と爽やかな緑が良く合っている。  

平成24年 3月25日

 

 

 

ウワジマテンナンショウがぐんぐんと成長中。

平成24年 3月24日

 

 

琉球ムサシアブミの葉が少しずつ開き始める。

平成24年 3月23日

 

 

 

タカハシテンナンショウが開花。

葉も少しずつ出てきている様子。

平成24年 2月18日

 

 

いろいろなテンナンショウが続々と発芽中。

今年は、去年に比べて発芽が早い様子。

平成24年 2月2日

 

 

 

シマテンナンショウは、順調に成長中。

平成24年 1月2日

 

 

 

 

今年も、シマテンナンショウの発芽を確認。

平成23年12月23日

 

 

ナギヒロハテンナンショウの緑花としていただいたものの、実が熟したことを確認。

 

平成23年 9月17日

 

テンナンショウ、サトイモ科栽培室が完成。

ここで繁殖をし、IMO NEWSで、販売する予定・・・

平成23年 9月17日

 

びっくりサイズ!!

ムサシアブミ。

九州では普通サイズ。

その中でもビックサイズのようです。

 

 

 

 

なんと、直径約13cm!!

平成23年 3月12日

 

 

 

 

ミツバテンナンショウの

苞が、開き始める。

平成23年 4月12日

 

 

 

クロマムシグサ、

葉と苞が、顔を出した。

平成23年 3月13日

 

 

 

順調に栽培中。

 

シマテンナンショウ、葉が開く。

平成23年 1月9日

 

 

 

 

ただ今、テンナンショウの種 育成中。

平成23年 1月5日

 

 

「テンナンショウの林」計画 実行。

 

「この林に、テンナンショウの中で、絶滅が近いとされている、ユキモチソウなどを植えて、絶滅を防ぐ活動。」

平成23年 1月9日

 

 

 

 

今年もたくさんのテンナンショウがスタンバイしています。

平成23年 1月3日

 

 

 

 

シマテンナンショウが、発芽。